本文へスキップ

建材に不燃木材など防炎剤で難燃化された材質を使えば火事の被害を抑えられます。

防炎剤・難燃剤について紹介するサイト『火事の被害を抑える防炎剤』

『火事の被害を抑える防炎剤』では防炎剤の効果について解説します。

人類と火(火災)

  • もしも人の住む住居や多くの人が集まる建築物で火災が起きたら大惨事になります。 昔から地震・雷・火事・親父と言われているように、人類の脅威となる存在として 恐れられてきた火事は何百年もにも渡りその対策も練られてきましたが、いまだに これといった解決方法はありません。 火事にならないようみんなが気をつけていても、火を発生させて火災を起こす要因 を全て排除することは出来ず、世の中から火災がなくなることはありません。

防炎剤と難燃剤

  • ある建築物が火災現場となった場合に被害を少なくする工夫として、防炎剤・難燃剤 を多く使用するという方法が選ばれるようになってきました。 難燃剤・防炎剤とは木材や繊維など火事が起きたら燃えやすくて被害を拡大させる、 大きな火事の原因にもなりえる材質を燃えなくしたり燃えにくくする薬剤です。 この薬剤を使って火災に強い材質にすることを難燃化といい、そうした不燃木材 などで作られた建物は見た目以上に火事に対して強くなります。
PR 名古屋の水道屋さん口コミランキング
http://kurasi-suido.com/
トイレのつまりなど水回りトラブルには評判の良い水道工事業者に頼みたい。
愛知・名古屋エリアの優良クチコミ業者を紹介するサイト。

不燃木材

  • 住宅のあちこちに使われている木材は、形を整えるために加工されていますが 木であることに変わりはなく、燃えるときには激しく燃え上がります。 難燃化された不燃木材でなければ火事が起きた時には燃えてしまいます。 一戸建てに多い木造住宅はその大部分が木で出来ているので、一旦燃え出したら 消防車が来て消火されるか住宅が燃え尽きるまで火が消えることはありません。 そうならないよう不燃木材を使った住宅も増えていますが、不燃木材はどうやって 作られているのでしょうか。

可燃性物質の難燃化

  • 可燃性物質であるもえぐさは火事が起こった時に火の勢いを強める危険な物質に なりますので、あらかじめ燃えにくくするため難燃化しておけばいざという時に 被害を最小限に抑えることができます。 例え火事が起きても燃えにくいものだらけの家なら中の人が逃げる時間も稼げますし、 早い段階で消火することも可能になります。 もえぐさを難燃化するにはどんな方法があるのでしょうか。
PR ホットメルトなら森部商店
ホットメルト接着剤・グルーガンの専門商社。
〒453-0828 名古屋市中村区中村本町1-56
お客様サポートセンター TEL:052-471-2125
http://www.moribe.biz/hotmelt/glue.html

ナビゲーション

オリバーの防災用品通販
株式会社オリバーの防災用品通販サイト。オリジナル防災用品セットから非常用食料品まで。